子猫動画は孤独を癒す最高の良薬

子猫動画をみると、なんだかほっこり。そして、元気をもらった。そんな感情をもつ方が多いと思います。

それは子猫動画を見ることで分泌される3つのホルモンが関係しています。

「愛情ホルモン」と呼ばれる「オキシトシン」、「幸せホルモン」と呼ばれる「セロトニン」そして「ときめきホルモン」と呼ばれる「フェニルエチルアミン」です。


「オキシトシン」は、スキンシップや信頼関係に関わるホルモンで、女性の妊娠・出産時に多く分泌されます。

お母さんが母乳をだすためのホルモンとして知られており、それが「愛情ホルモン」と呼ばれる理由でもあります。

妊娠・出産時以外でも楽しかったり、気持ちよいと感じた時に脳で分泌されます。

分泌されると、幸せな気持ちが高まり、やさしい気持ちになったりします。

その分泌はふれ合ったり、見つめ合ったりすると高まるといわれています。

動画の子猫と触れ合うことを疑似体験したり、子猫の視線がぐっとこっちに寄ったときなどはこのオキシトシンがたくさんでること間違いなしです。

近年この「オキシトシン」はストレスの軽減に役立つとの実験結果がでていますので、意識的に分泌を促すことはストレスの多い現代社会を生き抜くひとつの手段であるとも考えられます。

「セロトニン」は「幸せホルモン」の別名をもつ、安心感、平常に関わる脳内物質です。

ストレスに対する効能があり、不足すると、イライラしたり、向上心の低下、不眠といった症状が現れます。

もっと恐ろしいことに、うつ病は脳のセロトニンの欠乏が一因ともとまでいわれているのです。

不安がなく、よく眠れること。この幸せはこのセロトニンのおかげだったのです。

ではこのセロトニンの分泌を増やすためにはどうしたらよいのでしょうか。一番よくしられている方法は日光浴です。

しかし、日光浴以外にも分泌を促す方法があります。そのひとつとして、心を動かすという方法があります。

感情の開放させることです。社会生活において、感情をあらわにするのは難しいと考えている人も、子猫のかわいい仕草には思わずにっこりしてしまうことでしょう。

子猫動画のおかげで知らず知らずのうちにセロトニンが多く分泌されます。さあ、セロトニンを分泌を促して、心のを安定を図りましょう。夜眠れないあなたにもおすすめです。

保護猫の子猫が可愛い癒し動画はこちら

「フェニルエチルアミン」は「ときめきホルモン」と呼ばれ、恋愛初期に多く分泌される女性ホルモンです。ときめいている人のは他の人から見て どう見えるでしょうか。いきいきとしていて、若くみえます。

「フェニルエチルアミン」には若返りの効果があります。しかしながら、この「フェニルエチルアミン」には残念な特徴があります。

それは恋をしてもその分泌が長続きしないことです。恋愛中にときめかなくなったり、マンネリと感じたりするのはそのためなのです。

つまり、常に新しくときめかなければ、分泌を促すことができません。もうお分かりだと思います。

子猫動画なら恋愛のように倦怠期を迎えることなくいつも私達をキュンキュンときめかせてくれます。恋愛初期のように前向きで思いやりにあふれたあなたになりましょう。

以上子猫動画を見ることで分泌される3つのホルモンはどれも私達が健康で明るく毎日を過ごすのに欠かせないホルモンであることがお分かりいただけたと思います。

忙しく、ストレスにあふれた毎日を送る中で少しの時間、子猫動画に目を向けること疲れた心がリセットされるのです。

私自身、子猫動画にかわいい。癒される。ずっと見ていたいなどと感じていましたが、それは自然な心の要求であり、科学的にもメンタル不調を防ぐのに効果のある感情だったのです。

子猫動画は孤独を癒す最高の良薬